花と光のイベント「フラワー・ファンタジア」-国際フォーラムなどで始まる

花と光のイベント「フラワー・ファンタジア」-国際フォーラムなどで始まる
12月19日21時6分配信 銀座経済新聞

装いも新たに登場した今年の「フラワー・ファンタジア」。国際フォーラムでは13種類の花と緑を使用し光と花で彩る空間を演出する

 国際フォーラム(千代田区丸の内3)などで12月19日、花と光のコミッションワーク「フラワー・ファンタジア」が始まった。

 大手町・丸の内・有楽町エリアで開催し今年も冬の街に光の彩りを与える「光都東京・LIGHTOPIA 2008」の一環として開催する同イベントは今年で2回目。生花が有する生命力そのものをモチーフとして「地球・環境・平和」のメッセージを花と光に願いを込め展開するもの。昨年は9種類・約17万鉢のパンジーで花と光の空間アートを演出した。

 今年は装いも新たに7種類のパンジー、3種類のジュリアン、ミニ葉ボタン、ノースポール、シロタエギクの13種類の花と緑を使用し、山型のフォルムのオブジェを光と花で彩る。テーマは「風と水、光の旅」。「花そのものの輝きをより深く追求し、自然の生命が放つきらめきをより美しく鮮やかに表現した」(同イベント担当者)という。同時に丸の内仲通り、大手町、有楽町でも開催する。

 環境への配慮として、「光都東京・LIGHTOPIA」では昨年に引き続き「グリーン電力」を使い、「フラワー・ファンタジア」では丸の内仲通りの一部で風力発電を試行するなど、「自然と共生するイルミネーションイベントのあり方を模索する」(同)。

 そのほか、皇居外苑周辺では石井幹子さんプロデュース・デザインによる「アンビエント・キャンドルパーク」や「和田倉橋と周辺の景観照明」に加え、新たに「光のアート・インスタレーション 雪月花」が登場し、約4万灯のLEDで光の空間を生み出す。

タグ:

コメントをどうぞ