足利のフラワーパーク 雪囲いにあでやか冬ボタン 2月下旬まで 栃木

足利のフラワーパーク 雪囲いにあでやか冬ボタン 2月下旬まで 栃木
2月1日8時1分配信 産経新聞

 足利市迫間町の「あしかがフラワーパーク」で雪囲いに覆われた冬ボタンが直径20センチから30センチの大きな花を付け咲き誇っている。

 ボタンは、通常5月に咲く花だが、同園では2年前から促成栽培でこの時期に咲かせ、冬ボタンとして来場者を楽しませている。園内には、麦わらで作られた3種類(高さ約1・1メートルから1・5メートル)の雪囲い150個が並べられ、その中で10種類約350株のボタンがピンク、赤、黄色、紫の花を咲かせている。

 夜は囲いを閉め、足下を電球で暖めるなど「温度の管理が一番大変」(担当者)だという。2月下旬まで鑑賞できる。

タグ:

コメントをどうぞ