マツダのPM燃焼触媒技術が化学技術賞を受賞

マツダのPM燃焼触媒技術が化学技術賞を受賞
1月23日18時7分配信 レスポンス

マツダは、日本における化学工業の技術に関して特に顕著な業績のあった研究者に対して贈られる、日本化学会の「化学技術賞」を受賞したと発表した。

受賞したのは「高酸素イオン伝導性材料を用いた高性能パティキュレート燃焼触媒の開発と実用化」で、受賞者はマツダの技術研究所に所属する原田浩一郎氏、山田啓司氏、藤田弘輝氏、對尾良則氏、高見明秀氏の5人。

同社は、ディーゼルエンジンから排出されるスス(PM)の燃焼除去メカニズムについて研究を進め、世界初の触媒活性メカニズムを持つPM燃焼触媒を独自開発した。

ディーゼルエンジンでは、排出ガス中に存在するススを触媒によって燃焼処理する必要があるが、排出ガス温度を上昇させるために余分に燃料を使用する必要があり、燃費を悪化させる一因となっていた。

今回の受賞した技術を活用したPM燃焼触媒は、内部の酸素が移動しやすく、より多くの酸素を活用できるようにすることでススの燃焼処理速度を大幅に高めることに成功した。これによりススの燃焼処理に必要な燃料を節約でき、低燃費化によるCO2の削減と排出ガスのクリーン化を実現することができた。

この新触媒を用いた高耐熱性のDPFを2009年1月から欧州で本格的に販売を開始した新型『Mazda6』(日本名=『アテンザ』)のMZR-CD2.2リットルターボディーゼルモデルへ搭載しており、さらに今後導入される新型クリーンディーゼルエンジン車にも採用する。

受賞式は3月28日、日本大学で受賞講演と併せて行われる予定。

タグ:

コメントをどうぞ