‘フラワー’ タグのついている投稿

準備作業進むフラワーガーデン 15万輪の花で埋め尽くす 横浜市

2009 年 4 月 8 日 水曜日

準備作業進むフラワーガーデン 15万輪の花で埋め尽くす 横浜市
3月14日7時58分配信 産経新聞

 横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区新港)では、20日から同倉庫の広場で開催される春イベント「フラワーガーデン2009」に向け、毎日20人ほどの作業員が、花の設置など準備作業を進めている。

 「出航、7つの海へ」をテーマとして、約1800平方メートルの会場を、世界の7つの海に見立てた7ゾーンに分け、49種類、約15万輪の色とりどりの花で埋め尽くす。イベントは、4月19日までの31日間開催。夜は、倉庫とともにライトアップされ、幻想的な“ハマナイト”を楽しめる。

日比谷花壇、スイーツ風フラワーアレンジメントに「フラワードーナツ」

2009 年 4 月 8 日 水曜日

日比谷花壇、スイーツ風フラワーアレンジメントに「フラワードーナツ」
3月5日16時28分配信 nikkei TRENDYnet

日比谷花壇(本社:東京都港区)は、スイーツをテーマにしたフラワーアレンジメント“ヒビヤカダンドルチェ”シリーズの第2弾として、「フラワードーナツ」を2009年3月8日から発売する。

 日比谷花壇(本社:東京都港区)は、スイーツをテーマにしたフラワーアレンジメント“ヒビヤカダンドルチェ”シリーズの第2弾として、「フラワードーナツ」を2009年3月8日から発売する。販売価格は2625円。

 オリジナルのドーナツ型花器に、スプレーカーネーションをメインに使用した生花のフラワーアレンジメントで、オリジナルのペーパートレーに乗せている。ストロベリー、オレンジ、カシスの3色で展開。

 誕生日、ホワイトデーなどに、スイーツや小物に添えてのプレゼントするのもお勧めという。花が終わった後は、菓子入れなどの小物入れとして楽しめる。商品サイズは直径約14cm、高さ約7cm。(文/平城奈緒里=Infostand)

鎌倉生まれの「玉縄桜」見ごろに-県立大船フラワーセンター

2009 年 4 月 8 日 水曜日

鎌倉生まれの「玉縄桜」見ごろに-県立大船フラワーセンター
2月25日11時45分配信 湘南経済新聞

見ごろを迎えた「玉縄桜」

 鎌倉の神奈川県立フラワーセンター大船植物園(鎌倉市岡本1018、TEL0467-46-2188)の「玉縄(たまなわ)桜」が見ごろを迎えている。

【関連画像】 見ごろを迎えた「玉縄桜」(関連画像)

 鎌倉生まれの「玉縄桜」は約40年ほど前に同園でソメイヨシノの自然交雑実生(みしょう)株から選抜育成したもので、地元の由緒ある地名の「玉縄」を冠して名付けられ、1990年に正式に種苗登録された。「花見」の定番であるソメイヨシノと花の咲き方や色がよく似ており、ソメイヨシノよりも20日ほど早く咲き始め、約1カ月にわたって見ごろが続くのが特徴。

 こうした優れた特徴を持ちながらも登録当初はほとんど注目されることがなかったが、ここ数年になって「河津桜」をはじめとする早咲き桜が脚光を浴びるようになり、「玉縄桜」にも関心が集まるようになった。これを受け、2006年には「玉縄桜をひろめる会」が結成され、同園では誰でも増殖できるよう登録を消失、県内の植木生産者などに母樹を配布し、玉縄桜の育成、普及活動を進めている。

 同園管理課の広報担当者は「この時期に咲く桜は『寒緋(かんぴ)桜』の性質を受け継いだ花色の濃いものが大半。春にかすむ『ソメイヨシノ』の薄桃色の柔らかな花を、鎌倉生まれの『玉縄桜』で一足早く楽しんでほしい」と話す。「今年は暖冬のため昨年よりも2週間ほど早く見ごろを迎えているが、3月上旬まで見ごろが続く予定」とも。

 開園時間は、2月=9時~16時、3月=9時~17時(入園は16時まで)。入園料は、20歳以上=350円、学生・20歳未満=250円。

福寿草 黄金色の花が見ごろ 茨城・フラワーパーク

2009 年 2 月 23 日 月曜日

福寿草 黄金色の花が見ごろ 茨城・フラワーパーク
2月14日13時4分配信 毎日新聞

暖かな日差しの下で咲く福寿草=茨城県石岡市の同県フラワーパークで、馬場理沙撮影

 茨城県石岡市にある県フラワーパークで、福寿草が黄金色の花を咲かせている。

 約2500平方メートルの斜面には約1万株の福寿草が植えられ、日当たりのよい場所から次々に開花している。今年は、暖冬の影響で開花が早まっており、今が見ごろだという。「春を呼ぶ福寿草まつり」は22日まで。【馬場理沙】

ラッパバナ次々に開花/小田原フラワーガーデン

2009 年 2 月 23 日 月曜日

ラッパバナ次々に開花/小田原フラワーガーデン
2月17日21時0分配信 カナロコ

 バニラのような香りを楽しもう―。小田原フラワーガーデンのトロピカルドーム(小田原市久野)で、ラッパバナが次々に大振りの花を咲かせている。白から黄へ色を変えた後、ポトリと地上に落ちる花の見ごろは、三月いっぱいという。

 ラッパバナはナス科のつる性低木。ラッパに似た花の花弁の直径は約十七センチで、開花から落下までの“寿命”は二日。

 一月からつぼみをつけ始め、二月に入って花の盛りを迎えた。ドーム内では観光客らが、代わる代わる花に顔を近づけて甘い香りを楽しんでいた。

 伊豆箱根鉄道大雄山線「飯田岡駅」下車徒歩約20分。問い合わせは同ガーデン電話0465(34)2814。

日本大通りに23万本の花でフラワーアート-花絵デザイン募集

2009 年 2 月 23 日 月曜日

日本大通りに23万本の花でフラワーアート-花絵デザイン募集
2月11日10時4分配信 ヨコハマ経済新聞

 横浜市は、横浜開港150周年を記念して実施する「日本大通りフラワーアートフェスティバル」の「花絵デザイン」と「花絵制作・花絵メンテナンス」に参加する市民を募集している。

 同フェスティバルは5月2日~4日に、日本大通りの横浜公園交差点から港郵便局前交差点(車道9メートル・歩道13.5メートル×2、全長220メートル)までの車道部分にバラ約18万本、チューリップ約5万本の花びらで絵を描くもの。

 公募する花絵(横7メートル×縦5メートル)のデザインテーマは、「私の好きな横浜」(まち・人・建物・風景・現在・過去・未来など)。絵の具(油絵、水彩)、カラーマーカー、クレヨンなどで描いたもの。作品審査は、同イベント実行委員会委員長の山崎洋子さんらが行い、10枚程度を選定する。対象は横浜市在住・在勤・在学の人で、応募締切は2月18日。選定された個人やグループには、3万円分の商品券を贈呈する。

また、花の束から花びらを1枚ずつほぐし、下絵が描かれた道路上に花びらでデザインを描く作業を行う「花絵制作参加者」と、完成した花絵の花びらの補充や水まきをする「メンテナンス参加者」も募集している。募集人数は、花絵制作=1,800名、花絵メンテナンス=100名(各日50名)。対象は、花絵制作=小学生以上、メンテナンススタッフ=中学生以上。応募は3月31日まで。

横浜市道路局の政木辰仁さんは「世界最大級の花絵の作成に是非参加してください。皆さんの手で開港150周年を彩りましょう」と参加を呼び掛けている。

花の良さ知って 小学生らがフラワーアレンジに挑戦/横浜

2009 年 2 月 23 日 月曜日

花の良さ知って 小学生らがフラワーアレンジに挑戦/横浜
2月11日17時0分配信 カナロコ

 横浜市金沢区の横浜市中央卸売市場南部市場で十一日、地元小学生らがフラワーアレンジに挑戦するイベントが行われた。ポットの中のスポンジに思い思いの季節の切り花を生けて全体のバランスを見ながら慎重に仕上げていった。完成後には互いの作品の良いところを指摘し合った。

 横浜市場活性化協議会の主催で、日本フラワーハートセラピスト協会の協力を得た。協議会の担当者は「花の良さを知ってもらい、花のある生活を楽しむきっかけにしてもらいたい」とイベントの趣旨を説明。同協会の相模佳世子さん(51)は「フラワーアレンジは気持ちをリラックスさせる効果がある。心が通じ合うような花に出合ってもらいたい」と話した。

 参加した小学四年生の田中友也さん(9)は「初めての経験だがうまくできた。気持ちが落ち着いて楽しかった」。お花屋さんになるのが将来の夢という小学四年生の工藤恵子さん(10)は「いろいろな名前や色の花があった。出来栄えは百点。集中して仕上げることができた」と話した。

 このほか、市場の役割や流通の仕組みの紹介、花の「せり」の見学などが行われた。

ボンボンショコラを模したフラワーアレンジ-バレンタインデーに教室

2009 年 2 月 23 日 月曜日

ボンボンショコラを模したフラワーアレンジ-バレンタインデーに教室
2月5日12時55分配信 吉祥寺経済新聞

「ボンボンショコラ」をイメージした小さなフラワーアレンジ

 吉祥寺のフランス菓子店「patisserie A.K Labo(パティスリー エーケーラボ)」(武蔵野市吉祥寺本町4、TEL 0422-20-6117)2階のカフェで2月14日、フラワーアレンジメント教室「ボンボン教室」が開かれる。

 当日は、「Fruit et Fleur( フリュイ エ フルール)」の渡辺実花さんを講師に迎え、アーティフィッシャルフラワー(造花)でのアレンジメントを行う。「『ボンボンショコラ』」のような小さなフラワーアレンジ」(同店)8種類を制作する。「 フリュイ エ フルール」は、アーティフィッシャルフラワーを制作するブランド。過去に作品展や教室を開催してきた。

 渡辺さんは「アーティフィッシャルフラワーは、フレッシュな花の世話が難しい状況にある人への、お見舞いや贈り物、いつも空調が効いていて、フレッシュな花の管理が難しい部屋や仕事場、フレッシュな花にはない色や形をあえて楽しみたい時におすすめ」と話す。

 同店担当者は「バレンタインのチョコレートに、手作りアレンジメントを添えてみては」とも。開講は11時。受講料は2,000円(教材、菓子、飲料代込み)。事前の申し込みが必要。

「フルーツ&フラワー」テーマのチョコ-新宿ルミネで期間限定販売

2009 年 2 月 23 日 月曜日

「フルーツ&フラワー」テーマのチョコ-新宿ルミネで期間限定販売
2月5日22時6分配信 新宿経済新聞

期間限定でオープンする「BARBARA SWEETABLE(バルバラスイータブル)」のチョコレート

 ルミネエスト新宿店(新宿区新宿3、TEL 03-5269-1111)1階に現在、「BARBARA SWEETABLE(バルバラスイータブル)」期間限定ショップがオープンしている。

 バルバラスイータブルは、「食べておいしく、見て楽しい」をコンセプトにしたスイーツを展開する。テーマは「フルーツ&フラワー」。「現代の女性をイメージして、元気で、華やかな雰囲気に仕上げた」(同店担当者)。パッケージは、フルーツフラワーをモチーフにしたグラフィックをあしらい、チョコレートもフルーツ風味のもので統一する。
 商品は、ストロベリーとフランボワーズをフリーズドライ加工したものにヨーグルト風味のチョコレートをコーティングしたチョコレート(ピンク=ストロベリー、ホワイト=フランボワーズ)「Recompense(レコンパンス)」(1,260円)、中にアーモンドプラリネとホワイトチョコレートを混ぜ、ロイヤルミルクティーヌとガナッシュの2層になったチョコレート「Camelia(キャメリア)」(ミルクとフランボワーズの2種、1,733円)、「Serisier(スリジエ)」(オレンジとミルク、フランボワーズの3種、2,520円)。

 「今年初登場の『レコンパンス』は、フルーツの風味豊かなチョコレートに仕上がっている」(同)。

 営業時間は11時~22時(土曜・日曜・祝日=10時30分~22時)。今月14日まで。

南堀江に完全オーダーメードのフラワーショップ-フラワーレッスンも

2009 年 2 月 23 日 月曜日

南堀江に完全オーダーメードのフラワーショップ-フラワーレッスンも
1月30日12時15分配信 なんば経済新聞

 南堀江のマンション一室に昨年11月、完全オーダーメードのフラワーショップ「flowers+ Audrey(オードリー)」(大阪市西区南堀江1、TEL 06-6567-8249)がオープンした。

 同店では、アレンジメントの希望をメールや電話で受け、それに合った花を作る。運営するのは太田さゆりさんと橋本知佳さん。2人はもともと生花店に勤務していたが、完全オーダーメードで花を提供したいと考え、1年ほどかけて準備し、昨年11月に設立した。注文を受けてから花を買い付けることで、新鮮な花を客に渡せる点が特徴。

 店のあるマンションの一室はアトリエのイメージが強い。屋号の「オードリー」は若者から年配まで比較的聞き慣れていて覚えやすいフレーズをと探した中から決めた。「flowers+」は、花だけでなくそれに合うアクセントの提案を加えるなど「プラスアルファ」を提供することで、「他店にはない新しい発想の花屋を目指す」(太田さん)考えからつけた。出店は、情報発信の地であること、顧客の急な注文への対応のしやすさなどから堀江を選んだ。

 同店ではほかに、フラワーレッスンも行う。「花束を作る」など毎回テーマを決めて1回2時間(5,250円)で開講。一度に5人程度まで対応、テーマに沿って個々がイメージしたアレンジメントを行う。必要な花や道具類はすべて店側で準備、花の名前や知識がなくても参加できる。「花を触りながら身近に花を感じてもらいたい」と太田さん。「お茶を飲みながらワイワイ過ごせるような場になれば」とも。

 この時期はブライダルフェア向けのアレンジメントが多く、店の中には所狭しと花が並ぶ。「オリジナルのアレンジメントを望む感度の高い客が増えれば」と太田さん。「ゆくゆくは路面店にも出店したい」(同)と抱負を語る。

 営業時間は12時~20時。